自然素材の家は暮らしのスタイルが創造できて家族の意見も反映できる

好きなデザイン

注文住宅建築までの流れ

注文住宅が欲しいと言っても意外と注文住宅を手に入れるまでは様座?なな手続きややることがあるため、その流れについて知っておく必要があります。 まず、土地を手に入れなければなりません。土地を手に入れないとそもそも注文住宅は建築できないからです。もし、親の土地を相続したのなら登記だけは変更しておきましょう。また、新たに土地を購入した場合でも登記を忘れずに。 住宅を建築する場合、どの建築会社がいいかを検討しなければなりません。建築会社の評判や口コミを参考にするとよいでしょう。もし、建築会社が決まったら、次に建物を購入するためのローンを組む必要があります。ローンは土地購入する場面でも同じですが、返済可能な額にしておきましょう。

地鎮祭を行いましょう

ローンを借りる額は、世帯年収の6倍から7倍程度が良いと言われています。世帯年収が600万円の過程では4200万円程度までのローンなら返済可能ということです。 ローンを無事借りることが出来たらいよいよ工事に取り掛かります。工事をする前には近所へのあいさつ回りが必要になります。あいさつ回りにはお菓子などを持っていき、工事の日程を知らせなければなりません。 建物を建築する前に地鎮祭を行いましょう。地鎮祭の目的はその時に住んでいる神様をの怒りを鎮めるとともに祝福をします。また、建物が無事に事故を起こすことなく建築できるようにお願いをするのです。 このような流れで注文住宅を建築に取り掛かります。 建築後は工事監督者と共に見回りを行いましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加